トレーニングの原則ってなんだ? - 千葉県船橋市の加圧&パーソナルトレーニングとダイエットブログ|ONE&ONLY

ONE&ONLY
友だち追加
加圧トレーニング・コンディショニングサポート

トレーニングの原則ってなんだ?

安全で効率的にそして効果的にトレーニングを行うためには、トレーニングのガイドラインであるトレーニングの原則について知る必要がある!!
女性トレーニング1

「人間の持つ機能は、使わなければ退化し、適度に使えば発達するが使い過ぎると萎縮してしまう」

上記の記述はドイツの学者ウィリアム・ルーが提唱した生理学の基本原則である『ルーの使用の法則』である。

今日、この考え方を基に、運動・スポーツの諸原則が導き出され、活用されている。この『ルーの法則』をトレーニングに当てはめると、「適度にトレーニングを実施すれば、十分な効果(発達)が期待できるが、法則を無視(使わない・使い過ぎ)するとトレーニング効果が上がらないだけでなく、怪我を引き起こす危険性も高くなる」


今日一般的に用いられているトレーニング原則は5原則とも7原則ともいわれるが、ここでは7原則を紹介する。

1)オーバーロード(過負荷)の原則

筋の活動力を高めるためには、日常で使用するよりも強い運動刺激(オーバーロード)を筋、または神経―筋に課す必要がある。

2)漸進性の原則

トレーニングの質と量は、少しずつ増加させていくようにするという法則。トレーニングは個人の能力に対して低すぎては効果が上がらないし、高すぎては障害を引き起こす事もある。負荷を高くする場合、一度に上げるのではなく少しずつ上げる必要がある。

3)継続性の原則

筋と筋力の高度な発達のためには、目的に合ったトレーニングを長期間継続していくことが必要である。

4)特異性の原則

トレーニングは与えた運動刺激によって効果が異なるので、目的に合った運動条件(負荷様式・強度・速度・関節角度など)を選択してトレーニングをする必要がある。

5)全面性の原則

すべての体力要素(筋力・持久力・瞬発力・敏捷性・平行性・柔軟性など)をバランスよく、トータルに高めていくこと。筋力トレーニングにおいては、全身の筋郡と筋力をバランスよく強化すること。

6)個別性の原則

年齢、性差、体力、体格、健康状態、トレーニング目的、トレーニング経験など、個人差をよく考慮したうえで、トレーニング内容を選択すること。

7)意識性の原則

トレーニング理論(目的、方法、効果)についてよく理解し、常に目的意識と向上心をもってトレーニングに取り組むこと。また、トレーニングの際は「どこの筋肉を使っているのか」を意識しながらトレーニングを行う。

トレーニングを実践する人は、これらの原則を充分理解してから取り組むことが大切になる。また、トレーニングを指導する立場の人は、とくに指導される人の側の「E個別性の原則」に配盧しなくてはならない。

ONE&Onlyでは、個別の対応ができるようにマンツーマン指導を徹底しております。船橋市や習志野など近隣の地域の方で興味のある方はご連絡ください!!
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページの先頭に戻る